利用状況

課題

 行政の担当者が交代するとネットウークの機能に支障が出ることもある。

 また、保護された高齢者を一時的に預かる施設が少なく、SOSネットワークのためにベッドを空けでおくことが、介護保険上およびコスト面を考えると、困難になっている。そのため、SOSネットワークを広域的に機能させるために緊急のためのベッド確保が必要とされている。

 また、ネットワークを有効に機能させていくために、地域に目を向けたネットワークづくり(人と人の関係)とチームケアの考え方の推進が大切である。